映画「ジャッカルの日」を見た

posted by: saitama

映画「ジャッカルの日」を見た はコメントを受け付けていません。

1973年の作品で、ド・ゴール大統領暗殺計画を描いた、作家フレデリック・フォーサイスの処女作の映画化で、原作も面白かったが、映画も抜群の出来で、当時ロードショーを観てハラハラドキドキしたことを今でもはっきり覚えている。でも、原作を読んで、映画を観ていたのは中学生の頃だったんだねぇ。月日の経つのはホント早いもんだ。
40年ぶりに映画館で観て、作品についてどう感じるかが楽しみです。
でも、中学生当時に観た作品って、今でも強く印象に残っているんだよね。
「ポセイドン・アドベンチャー」・「ダラスの熱い日」・「ジーザスクライスト・スーパースター」・「ブラザーサン・シスタームーン」・「ソイレント・グリーン」・そして、ビバ!チャップリンシリーズとハロー!キートンシリーズの数々の作品群…今ではツタヤにもあまり置かれてない作品たちだけど、また映画館で観れる日が来るといいんだけどね。
ドキドキしながら、映画館に通った学生時代を思い出します!
賃貸管理 横浜

posted in: 未分類

Comments are closed