今日は3回目のヒアルロ酸の注射の日

posted by: saitama

今日は3回目のヒアルロ酸の注射の日 はコメントを受け付けていません。

この所月曜日ごとに鴨居病院に行っている。
膝痛の治療のためだ。
10時に家をたって町内の裏道を通っていく。
小学校の前で子供たちの元気な声が聞こえる。
元気に授業を受けているのだろう。
懐かしい気分になる。

業務スーパーの前を行く。路上駐車禁止の看板が出ている。
個の道路は歩道もないが車が良く抜けていく。
ちょっと危ない道路だ。
左に曲がって鴨居病院に着く。

受付がちょっと混んでいた。
月初めは保険証を見せるのだ。
兄さんがそれを確認して受付までやってくれた。
自動受付機で最初に受付して、その後保険証を提示している人もいる。
慣れている人だ。

5番の診察室の待合でちょっと待った。
やってきた膝のサポーターを外して、バッグにしまう。
親子連れが診察室に入っていった。、
その後私の番になった。5分も待たなかった。
私が挨拶して、ベッドをちょっとずらして仰向けになる。
看護婦さんが慣れたものですねと。
またヒアルロン酸の注射だ。
最初だけチクットとして痛い。
先生は様子はどうですかと。
寝ていると痛いのですと。
歩いているときはそれほど痛みは感じないと。
またこの頃は夜寝ていて、痛くて目が覚めることがなくなったと答えた。
先生は少しは効いているのだなと。
あと2回注射しましょうと。

その後、膝痛の体操の話をしましたかと。
聞いていないというと、小冊子をくれた。
どれも簡単な体操だから、都合10回くらい毎日やりなさいと。
腿等を鍛えて、膝の負担を減らす体操だと。
お礼を言って辞去する。
会計も少し待って清算した。
また今度は違う道を通って帰宅した。
門のところで隣の奥さんにつかまる。
上から降りてきた。車を置きに行ったのだろう。
そこでちょと立ち話。病気の話が多い。もう皆歳をとってきたねと。

自宅に帰って、病院の売店で買ったおにぎりとサンドイッチのちょっと早い昼食。
これで私の半日の行事がつぶれた。
横浜で不登校の子を通わせるには

posted in: サポート校

Comments are closed